ワイン

アルザスの白ワインの特徴とオススメの銘柄を解説!

 

 

アルザスのワインはフランス国内でも人気が高く、特に「クレマン・ダルザス」はフランスで消費量No.1のスパークリングワインです。

この記事では、アルザスの白ワインに焦点をあてて、その特徴とオススメの銘柄をピックアップします!

>アルザス地方について詳しくはこちら

 

 
 

アルザスの白ワインの特徴

アルザス地方はフランスの東部、ドイツとの国境沿いに位置します。そのため、街並みや食文化などもドイツの影響が強く見受けられます。

アルザスでは赤、白(甘口あり)、ロゼ、スパークリングワインが生産されています。その中でも有名なのが白ワインとスパークリングワインです。

白ワインの主要ブドウ品種は4つあります。その中でも特にメジャーなのがリースリングとゲヴュルツトラミネールです。

リースリングは花のような香りで、強い酸味の中に甘味を感じることができるのが特徴です。様々な料理に合わせやすい白ワインだと思います。

一方、ゲヴュルツトラミネールはライチを彷彿とさせる香りで、苦味やスパイシーさが感じられる味わいになっています。独特なので、好き嫌いが分かれるのではないかと思います。

  1. リースリング:花のような香り、強い酸味と甘いが特徴
  2. ゲヴュルツトラミネール:ライチのような香り、スパイシーな味わい
  3. ピノ・グリ
  4. ミュスカ

 

リースリングの白ワイン

ファミーユ・ヒューゲル リースリング・クラシック

1639年に創業したファミーユ・ヒューゲルは、12世代続くアルザスを代表する生産者です。

そんなファミーユ・ヒューゲルのリースリング・クラシックは2,000円台で楽しめる本格的なアルザスワインです。

魚介類はもちろんのこと、和食との相性も抜群です!

 

アルザス リースリング キュヴェ・レゼルヴ

こちらは1,000円台で楽しめるコスパに優れたアルザスのリースリングです。

フレッシュな味わいが楽しめるので、暑い日に飲むのも最高です!

料理にも合わせやすい白ワインだと思います。

 

トリンバック リースリング

ファミーユ・ヒューゲルよりも少し前の1626年に創業したトリンバックは、アルザスの中でも特に知られた生産者です。

リースリングとこの後ご紹介するゲヴュルツトラミネール、どちらも飲んだことがあります。

花の香り、爽やかな酸味と甘味が感じられ、まさにリースリングらしい味わいを楽しめます!

 

ゲヴュルツトラミネールの白ワイン

トリンバック ゲヴュルツトラミネール

先ほどご紹介したトリンバックのゲヴュルツトラミネールです。

ライチに少しハーブを混ぜたような香り、酸味、苦味、スパイシーさのバランスが取れた味わいはまさにゲヴュルツトラミネールの特徴を堪能できます。

ヴュルツトラミネールにトライしたことない方にぜひオススメしたい銘柄です!

 

フライシャー ゲヴュルツトラミネール

2,000円台で楽しめるゲヴュルツトラミネールの銘柄です。

ライチにバニラを加えたような香り、味わいはブドウの果実味がしっかりと感じられます。

ゲヴュルツトラミネールがお好きな方は、デイリーワインとしても重宝すると思います!

 

以上、アルザスの代表的な白ブドウのリースリングとゲヴュルツトラミネールの銘柄のご紹介になります。

スパークリングワインのクレマンにつきましては、こちらの記事をご覧下さい。

ぜひ素敵なワインライフをお楽しみ下さい!

>他の産地の白ワインについてはこちらよりご覧になれます