ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の価値はどれほどか?

ANAの上級会員ステータスの一つであるスーパーフライヤーズカードについて、取得するメリットはどれほどあるのか考察してみました。

※筆者は、いわゆる”SFC修行”で取得したわけではないので予めご了承ください。

目次

ANAスーパーフライヤーズカードとは?

ANA

ANAスパーフライヤーズカード(SUPER FLYERS CARD、略してSFC)とは、入会条件を満たした方が特定のクレジットカードを発行し、そのクレジットカードを保有し続ける限りANAの上級会員のステータスを維持できる仕組みのことです。(JALでも似たようなJAL GLOBAL CLUB、通称JGCがあります。)

入会の条件は、まずANAのマイレージサービスであるANAマイレージクラブに登録をし、プレミアムポイントを50,000以上貯めることです。

このプレミアムポイント(PP)ですが、マイルとは別で加算されるものになります。そして、プレミアムポイントは同じ区間でも搭乗するクラスによって変動します。

以下、プレミアムポイント(PP)の加算例です。

  • 羽田ー那覇 片道 プレミアムクラス運賃:3,352PP
  • 羽田ー那覇 片道 プレミアムクラス株主優待運賃ほか:2,860PP
  • 羽田ー那覇 片道 エコノミークラス株主優待運賃ほか:1,876PP

50,000PPを貯めるには、羽田ー那覇間をプレミアムクラスで最低7.46往復する計算になります。

※マイルを利用した特典航空券ではプレミアムポイントは加算されません

>加算されるプレミアムポイントについてはANAのHPでシミュレーションできます

なお、ANAでは1月〜12月で集めたプレミアムポイント数で翌年のステータスが決まります。

  • ブロンズ:30,000PP〜(ANAグループ運航分:15,000PP〜
  • プラチナ:50,000PP〜(ANAグループ運航分:25,000PP〜
  • ダイヤモンド:100,000PP〜(ANAグループ運航分:50,000PP〜

スーパーフライヤーズカードの入会条件を満たすためには、プラチナステータスにならなければなりません。

プレミアムポイントはANA以外のスターアライアンスの航空会社での利用でも加算されます。しかし、50,000PPのうち最低25,000PPはANAグループの運航でなければなりません。

ANAグループの運航便とは、ANA、ANAウィングスのほか、エア・ドゥやソラシドエアなどのコードシェア便をANAとして予約したものになります。

スーパーフライヤーズの特典は?

気になるスーパーフライヤーズの特典についてです。主な特典をまとめてみました。

  • スターアラインアンスのゴールドステータス
  • フライトボーナスマイル
  • ANAラウンジの利用
  • 優先チェックイン
  • 専用保安検査レーン
  • 預け手荷物の許容量アップ
  • 手荷物優先受取
  • 空席待ちの優先
  • 専用サービスデスク

>特典について詳細をご覧になりたい方はこちら

スーパーフライヤーズになるメリットがある人は?

スーパーフライヤーズのメリットは、エコノミークラスを利用することが前提です。ビジネスクラス以上であれば、これらの特典はスーパーフライヤーズでなくとも受けられます。

筆者が思うには、下記のような方々はスーパーフライヤーズへの入会を検討してみてもいいのではないでしょうか。

  1. 飛行機での国内出張が年10~15回ほどある
  2. ヨーロッパに頻繁に行く
  3. アジアに頻繁に行く

出張が年10~15回ほどですと、プレミアムポイントがボーナスで付与されるキャンペーン等がない限りは、プラチナステータスにはギリギリ到達しないと思います。

しかし、スーパーフライヤーズに入会しておけばプラチナステータスとほぼ同じサービスが受けられます。

もちろん、ANAラウンジの利用も可能です。ビールなども置いてあるので、仕事終わりに搭乗までゆっくり過ごすことができます!

日本からヨーロッパへ行く際は、フランクフルトを経由することも多いと思います。その際は、ANAと同じスターアラインンスで、ANAのマイルも利用できるルフトハンザドイツ航空が便利です。

スターアラインアンスにはその他にもシンガポールエアライン、タイ国際航空、エアチャイナ、エバー航空などアジアの航空会社が多く加盟しています。

出張や旅行でアジアの国々に行く機会が多い人は、これらの航空会社の利用の際に、スターアランイスゴールドの特典が受けられます。

スーパーフライヤーズのデメリットは?

スーパーフライヤーズのデメリットを書いておきます。

  1. 維持するのにクレジットカードの年会費がかかる
  2. 特典を受けられるのは同伴者1名まで
  3. ”修行”をする場合はお金と時間が必要

スーパーフライヤーズのクレジットカードは最も安いもので、年会費が税込11,275円です。(一般カード)

しかし、マイル還元率を1%にするには移行コースとして別途費用がかかります。(JCB:5,500円、Visa/Master:6,600円)

最もコストパフォーマンスに優れているのがVisa, Master, JCBのゴールドカードだと思います。

スーパーフライヤーズの優先搭乗やラウンジなどのサービスが利用できるのは、カード保持者と同伴者1名に限ります。大人数で旅行をすることが多い方は、スーパーフライヤーズを活用するのが難しいかもしれません。

最後になりますが、スーパーフライヤーズ会員を目指す”修行”を行う場合は、時間と航空券代、さらに空港までの交通費などがかかります。

年1~2回しか飛行機に乗らないのであれば、そこに投資するメリットがあるのか正直少ないのではと思います。

スーパーフライヤーズの取得方法はやはり出張メインが理想です。ANAの上級会員に憧れる方も多いと思いますが、いま一度本当に必要かどうか入念に検討してみるのが良さそうです。

 
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
目次
閉じる