ワイン

ソムリエ試験対策!ブルゴーニュ地方の解説

   

ボルドー地方→ジュラ・サヴォワ地方とこれまで学習して来ましたが、今度はいよいよブルゴーニュ地方です。

ブルゴーニュ地方はフランスで最もA.O.C.が多く、覚える量も並大抵ではないので頑張ります!

それでは早速ブルゴーニュ地方の概要からです。

ブルゴーニュ地方の概要

ブルゴーニュ(Bourgogne)地方はフランスのほぼ中心から少し東寄りの所にあります。

まずは地図で場所を確認します。(ブルゴーニュ地方は南北広い範囲にわたる産地ですので、中心地のコート・ドールの位置になります)

フランスワインの一大産地であり、ぶどうの栽培面積は約45,000haになります。(ボジョレー地区も含まれます)

また、ブルゴーニュ地方では土壌や気候を元に分けた畑の区画をクリマ(Climat)と言います。(クリマはフランス語で気候の意味)

ブルゴーニュの歴史は2000年以上と長く、ぶどうの栽培はローマ時代に始まったと言われています。それゆえ、ぶどう畑とクリマは2015年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

フランスのワイン生産地としては、ボルドーのサンテミリオン地区に続いて2番目の世界遺産になります。

 

ぶどうの品種

ブルゴーニュ地方で生産されるぶどうの品種は下記の通りです。

ブルゴーニュのワインは単一品種で作られるのが一般的です。(複数の品種をブレンドしない)

そのため、生産しているぶどうの品種は黒ぶどう・白ぶどう共に多くありません。

赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインを生産しています。

<黒ぶどう>

  • ピノ・ノワール(Pinot Noir)
  • ガメイ(Gamay)

<白ぶどう>

  • シャルドネ(Chardonnay)
  • アリゴテ(Aligoté)

 

6つの生産地区

ブルゴーニュ地方には6つの大きな生産地区があります。

  1. シャブリ(Chablis)
  2. コート・ド・ニュイ(Côte de Nuits)
  3. コート・ド・ボーヌ(Côte de Beaune)
  4. コート・シャロネーズ(Côte Chalonnaise)
  5. マコネ(Mâconnais)
  6. ボジョレー(Beaujolais)

土壌は、ボジョレーを除く5つの生産地区は粘土石灰質になります。

また、コート・ド・ニュイとコート・ド・ボーヌの2つを併せてコート・ドール(Côte d'Or)と呼びます。

 

シャブリ

シャブリ(Chablis)は6つの生産地区の中で最も北に位置し、言わずと知れた白ワインの産地です。

冷涼な気候と、ジュラ紀のキンメリッジ階の地層には牡蠣の化石が含まれており、ミネラル豊富な土壌でシャルドネを栽培しています。

『牡蠣にはシャブリ』と言われるくらい海鮮の料理と相性が良い白ワインを生産しています。

シャブリの詳しい解説はこちら

 

コート・ド・ニュイ

コート・ド・ニュイ(Côte de Nuits)は、赤ワインの有名な産地です。(生産するワインの9割以上が赤ワインになります)

なんとロマネ・コンティをはじめ、世界のワインの中でも最も高価な部類に入る赤ワインを生産するヴォーヌ・ロマネ(Vosne-Romanée)もコート・ド・ニュイにあります!

 

コート・ド・ボーヌ

コート・ド・ボーヌ(Côte de Beaune)は、コート・ド・ニュイに比べて白ワインの生産量が上がります。(約4割が白ワイン)

ムルソー(Meursault)やピュルニー・モンラッシェ(Puligny-Montrachet)など、白ワインの名だたる生産地が集まっている地区です。

 

コート・シャロネーズ

コート・シャロネーズ(Côte Chalonnaise)はこれまで紹介して地区とは対照に、比較的良心的な価格のワインを生産している地区です。

この地区にはグラン・クリュはありません。

 

マコネ

マコネ(Mâconnais)は白ワインの生産量が8割を超えています。

温暖な気候と土壌がシャルドネの栽培に適しています。

この地区にはグラン・クリュ、プルミエ・クリュもありません。

 

ボジョレー

ボジョレー(Beaujolais)は知っている人も多いのではないでしょうか。

毎年11月の第3木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーヴォーの生産地です。(日本はボジョレー・ヌーヴォーの輸出先としては世界一位です)

ボジョレー・ヌーヴォーの影響から赤ワインの生産地だと思わがちですが、白ワイン・ロゼワインも生産されています。

コート・シャロネーズ、マコネ、ボージョレの詳しい解説はこちら

 

コート・ド・ニュイの概要

コート・ド・ニュイ(Côte de Nuits)は、マスタードで有名なディジョン(Dijon)の南に位置する縦型の地域です。

東向きの斜面に畑が広がっており、この地域で生産されるワインの9割以上が赤ワインです。

コート・ド・ニュイには村名A.0.C.が9つあります。

さらに村によってはグラン・クリュ、プルミエ・クリュに分類されるクリマがあります。

まずは9つの村名A.O.C.を北から順に覚えます。

  1. マルサネ(Marsannay)
  2. フィサン(Fixin)
  3. ジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin)
  4. モレ・サン・ドゥニ(Morey-Saint-Denis)
  5. シャンボール・ミュジニー(Chambolle-Musigny)
  6. ヴージョ(Vougeot)
  7. フラジェ・エシェゾー(Flagey-Echézeaux)
  8. ヴォーヌ・ロマネ(Vosne-Romanée)
  9. ニュイ・サン・ジョルジュ(Nuits-Saint-Georges)

次にマップで具体的な場所をチェックします。

マルサネにはグラン・クリュもプルミエ・クリュもありません。

マルサネの生産可能色は赤・白・ロゼです。コート・ド・ニュイ(コート・ド・ボーヌを含めても)で唯一ロゼが認められている村です。

 

フィサンには、フィクサン・プルミエ・クリュ(Fixin Premier Cru)があります。

フィサンは赤と白を生産しています。(プルミエ・クリュも同じ)

その他の村はグラン・クリュとプルミエ・クリュがそれぞれあるので、この後一つずつ取り上げていきます!

 

ジュヴレ・シャンベルタン

ジュヴれ・シャンベルタンはコート・ド・ニュイで面積が最も広い村になります。

それでは、ジュヴレ・シャンベルタンのグラン・クリュとプルミエ・クリュを見ていきます!

すべて赤ワインのみを生産しています。

グラン・クリュ(Grand Cru

  1. リュショット・シャンベルタン(Ruchottes-Chambertin)
  2. マジ・シャンベルタン(Mazis-Chambertin)
  3. シャンベルタン・クロ・ドゥ・ベーズ(Chambertin-Clos-de-Bèze)
  4. シャンベルタン(Chambertin)
  5. ラトリシエール・シャンベルタン(Latricières-Chambertin)
  6. マゾワイエール・シャンベルタン(Mazoyères-Chambertin)
  7. シャルム・シャンベルタン(Charmes-Chambertin)
  8. グリオット・シャンベルタン(Griotte-Chambertin)
  9. シャペル・シャンベルタン(Chapelle-Chambertin)

代表的なプルミエ・クリュ(Premier Cru)

  1. シャンポー(Champeaux)
  2. レ・カズティエ(Les Cazetiers)
  3. クロ・サン・ジャック(Clos Saint-Jacques)
  4. クロ・デュ・シャピトル(Clos du Chapître)
  5. ベレール(Bel Air)
  6. オー・コンボット(Aux Combottes)

グラン・クリュの名前は、すべてシャンベルタン(Chambertin)が付きます!

プルミエ・クリュに関しては、代表的なクロ・サン・ジャックやオー・コンボットなど知名度の高い所を押さえました。

グラン・クリュと主なプルミエ・クリュの位置は下記の通りです。

gevrey chambertin

 

モレ・サン・ドニ & シャンボール・ミュジニ

モレ・サン・ドニ(Morey-Saint-Denis)とシャンボール・ミュジニ(Chambolle-Musigny)のグラン・クリュとプルミエ・クリュです。

<モレ・サン・ドニ>

グラン・クリュ(Grand Cru)

  1. クロ・ドゥ・ラ・ロッシュ(Clos de la Roche)
  2. クロ・サン・ドニ(Clos Saint-Denis)
  3. クロ・デ・ランブレ(Clos des Lambrays)
  4. クロ・ドゥ・タール(Clos de Tart)
  5. ボンヌ・マール(Bonnes-Mares)

プルミエ・クリュ(Premier Cru)

  1. モン・リュイザン(Monts-Luisants)
  2. オー・シャルム(Aux Charmes)
  3. クロ・デ・ゾルム(Clos des Ormes)
  4. レ・ソルベ(Les Sorbès)
  5. レ・ミランド(Les Millandes)
  6. レ・リュショ(Les Ruchots)

 

<シャンボール・ミュジニ>

グラン・クリュ(Grand Cru)

  1. ミュジニ(Musigny)※1
  2. ボンヌ・マール(Bonnes-Mares)※2

プルミエ・クリュ(Premier Cru)

  1. レ・フュエ(Les Fuées)
  2. レ・クラ(Les Cras)
  3. オー・コンボット(Aux Combottes)※3
  4. レ・プラント(Les Plantes)
  5. レ・シャルム(Les Charmes)
  6. レ・ザムルーズ(Les Amoureuses)

※1:ミュジニはコート・ド・ニュイ地区の中では唯一、赤と白を生産しているグラン・クリュです!

※2:ボンヌ・マールはモレ・サン・ドニとミュジニに跨っています

※3:ジュヴレ・シャンベルタンのオー・コンボットとは別の畑になります

morey saint denis

 

ヴージョ

続いて、ヴージョ(Vougeot)になります。

ヴージョはプルミエ・クリュは赤・白どちらも生産されていますが、グラン・クリュは赤ワインのみです。

グラン・クリュ(Grand Cru)

  1. クロ・ドゥ・ヴージョ(Clos de Vougeot)
  2. グラン・エシェゾー(Grands-Echézeaux)
  3. エシェゾー(Echézeaux)

プルミエ・クリュ(Premier Cru)

  1. レ・プティ・ヴージョ(Le Petit Vougeot)
  2. ラ・ヴィーニュ・ブランシュ(La Vigne Blanche)
  3. レ・クラ(Les Crâs)
  4. レ・ボー・モン(Les Beaux Monts)※3

※3:レ・ボー・モンはヴォーヌ・ロマネに跨っています

vougeot vosne romanee

 

ヴォーヌ・ロマネ

最後はブルゴーニュで最も有名であろうヴォーヌ・ロマネ(Vosne-Romanée)です。

赤ワインのみの生産になります。

>>ブルゴーニュの赤ワインの選び方と銘柄はこちら!

グラン・クリュ(Grand Cru)

  1. リシュブール(Richebourg)
  2. ラ・ロマネ(La Romanée)
  3. ロマネ・コンティ(Romanée-Conti)
  4. ロマネ・サン・ヴィヴァン(Romanée-Saint-Vivant)
  5. ラ・グランド・リュ(La Grande Rue)
  6. ラ・ターシュ(La Tâche)

プルミエ・クリュ(Premier Cru)

  1. レ・ボー・モン(Les Beaux Monts)
  2. レ・スショ(Les Suchots)
  3. レ・ゴディショ(Les Gaudichots)
  4. オー・マコンソール(Aux Malconsorts)
  5. レ・ショーム(Les Chaumes)
  6. クロ・デ・レア(Clos des Réas)

6つのグラン・クリュのうち、4つがモノポール(単独で1社が所有していること)になります。

ロマネ・コンティとラ・ターシュはDRC、ラ・グランド・リュはフランソワ・ラマルシュ、ラ・ロマネはコント・リジェ・ベレールになります。

競争相手が少ないことも価格が高い要因の一つです。

 

vougeot vosne romanee

 

コード・ド・ボーヌの概要

コート・ド・ボーヌは白ワインで有名な産地がいくつかありますが、白ワインの生産量は全体の約4割です。

コート・ド・ボーヌを代表する生産地区は15個あります。

  1. ラドワ・セレニー(Ladoix-Serrigny)
  2. アロース・コルトン(Aloxe-Corton)
  3. ペルナン・ウェルジュレス(Pernand-Vergelesses)
  4. サヴィニー・レ・ボーヌ(Savigny-lès-Beaune)
  5. ショレ・レ・ボーヌ(Chorey-lès-Beaune)
  6. ボーヌ(Beaune)
  7. ポマール(Pommard)
  8. ヴォルネ(Volnay)
  9. モンテリ(Monthélie)
  10. オーセイ・デュレス(Auxey-Duresses)
  11. ムルソー(Meurseault)
  12. ピュリニー・モンラッシェ(Puligny-Montrachet)
  13. サントーバン(Saint-Aubin)
  14. シャサーニュ・モンラッシェ(Chassagne-Montrachet)
  15. サントネ(Santenay)

具体的な場所は下のマップで確認して下さい。

 

コルトン、ラドワ・セレニー、ペルナン・ヴェルジュレス

コルトン(ラドワ・セレニー、ペルナン・ヴェルジュレス含む)のグラン・クリュとプルミエ・クリュは下記の通りです。

<グラン・クリュ>

  1. コルトン(Corton)
  2. コルトン・シャルルマーニュ(Corton-Charlemagne)

<プルミエ・クリュ>

  1. ラドワ・プルミエ・クリュ(Ladoix Premier Cru)
  2. アロース・コルトン・プルミエ・クリュ(Aloxe-Corton Premier Cru)
  3. ペルナン・ヴェルジュレス・プルミエ・クリュ(Pernand-Vergelesse Premier Cru)

コルトン・シャルルマーニュは白のみ、他はすべて赤と白を生産しています。

手書きの簡単な地図を載せます。

クロ・デュ・シャピトル(Clos du Chapître)とラ・コルヴェ(La Corvée)は代表的なプルミエ・クリュになります。

Aloxe-Corton

 

ボーヌ、ポマール、ヴォルネ

ボーヌはブルゴーニュ地方のワイン産業の中心地であり、毎年11月にはワインのオークションも開催されます。

ボーヌにはブルゴーニュワイン博物館(Musée du Vin de Bourgogne)、歴史的建造物であるオスピス・ド・ボーヌ(Les Hospices de Beaune)があります。

 

少し話が外れましたが、A.O.C.に戻ります。

ボーヌ、ポマール、ヴォルネには、グラン・クリュはありません。

<プルミエ・クリュ>

  1. サヴィニー・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ(Savigny-lès-Beaune Premier Cru)
  2. ショレ・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ(Chorey-lès-Beaune Premier Cru)
  3. ボーヌ・プルミエ・クリュ(Beaune Premier Cru)
  4. ポマール・プルミエ・クリュ(Pommard Premier Cru)
  5. ヴォルネ・プルミエ・クリュ(Volnay Premier Cru)

ポマールとヴォルネは赤のみ、その他は赤と白を生産しています。

 

クリュの名前として「Haut(上)」や「Bas(下)」というワードが出てきます。

ブルゴーニュ地方は西側が高く、東側が低い斜面にぶどう畑が広がっています。

したがって、西がHaut、東がBasと覚えておくと迷わないと思います。

Beaune

 

ムルソー

ムルソー、モンテリ、オーセイ・デュレス、ブラニィ、サン・トーバン、サン・ロマンになります。

ここもグラン・クリュはありませんが、良質な白ワインの産地となっています。

特にムルソーは、シャブリ、モンラッシェと並んで知名度が高いです!

<プルミエ・クリュ>

  1. モンテリ・プルミエ・クリュ(Monthélie Premier Cru)
  2. オーセイ・デュレス・プルミエ・クリュ(Auxey-Duresses Premier Cru)
  3. ムルソー・プルミエ・クリュ(Meursault Premier Cru)
  4. ブラニィ・プルミエ・クリュ(Blagny Premier Cru)
  5. サン・トーバン・プルミエ・クリュ(Saint-Aubin Premier Cru)

ブラニィだけ赤ワインのみを生産しており、その他は赤・白の両方になります。

実はムルソーも白ワインが有名ですが、赤ワインも作られています!

代表的なプルミエ・クリュは8つです。

Meursault

 

ピュリニー・モンラッシェ

シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ モルジョ

最後はピュリニー・モンラッシェになります。

こちらも白ワインの産地として有名で、グラン・クリュはすべて白のみの生産です!

>>ブルゴーニュの白ワインの選び方と銘柄はこちら!

<グラン・クリュ>

  1. モンラッシェ(Montrachet)
  2. シュヴァリエ・モンラッシェ(Chevalier-Montrachet)
  3. バタール・モンラッシェ(Bâtard-Montrachet)
  4. ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ(Bienvenues-Bâtard-Montrachet)
  5. クリオ・バタール・モンラッシェ(Criots-Bâtard-Montrachet)

<プルミエ・クリュ>

  1. ピュリニィ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ(Puligny-Montrachet Premier Cru)
  2. シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ(Chassagne-Montrachet Premier Cru)
  3. サントネイ・プルミエ・クリュ(Santenay Premier Cru)
  4. マランジュ・プルミエ・クリュ(Maranges Premier Cru)

地図で位置を確認しましょう。

ピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェにまたがるグラン・クリュは、モンラッシェとバタール・モンラッシェの2つです。

プルミエ・クリュで最も面積が広いのがモルジョ(Morgeot)になります。

montrachet

 

学習のポイント

<コート・ド・ニュイ>

  1. 赤のみ生産可能な3つの村名AOCは?
  2. ロゼが生産可能な唯一の村名AOCは?
  3. 赤と白が認められている唯一のGrand Cruは?
  4. 2つの村にまたがっているGrand Cruは?
  5. Grand Cruが存在しない3つの村は?
  6. Vosne-Romanée村で面積が最大のGrand Cruは?
  7. ブルゴーニュ地方において最も歴史のあるClosは?
  8. Premier Cru, Grand Cruがどちらもない村は?
  9. Gevrey-Chambertin村で面積が最大のGrand Cruは?
  10. Grand Cruが最も多い村は?その数は?
  11. Côte de Nuitsで最大面積を誇るGrand Cruは?

 

<コート・ド・ボーヌ>

  1. 赤のみ生産可能な3つの村名AOCは?
  2. 2つの村にまたがる2つのGrand Cruは?
  3. Premier Cruが存在しない2つの村は?
  4. 赤と白が生産可能なGrand Cruは?
  5. コート・ド・ボーヌで最も南に位置するGrand Cruは?

 

解答

<コート・ド・ニュイ>

  1. Gevrey-Chambertin, Chambolle-Musigny, Vosne-Romanée
  2. Marsannay
  3. Musigny
  4. Bonnes-Mares
  5. Marsannay, Fixin, Nuits-Saint-Georges
  6. La Tâche
  7. Chambertin-Clos de Bèze
  8. Marsannay
  9. Charmes-Chambertin
  10. Gevrey-Chambertin, 9つのGrand Cru
  11. Clos de Vougeot

 

<コート・ド・ボーヌ>

  1. Pommard, Volnay, Blagny
  2. Montrachet, Bâtard-Montrachet
  3. Chorey-lès-Beaune, Saint-Romain
  4. Corton
  5. Criots-Bâtard-Montrachet

 

Amazonでブルゴーニュワインをみる

エノテカ楽天市場でブルゴーニュワインをみる