ワイン

【カリフォルニアの白ワイン】その魅力とおすすめ銘柄!

 

筆者が大好きなカリフォルニアの白ワインについて今回はご紹介します!

フランスに比べるとコストパフォーマンスに優れ、お手頃な値段で上質な白ワインを手に入れることができます。

また、シャルドネを筆頭に、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカなど多様な品種を楽しめるのもカリフォルニアの白ワインの魅力です!

napa vineyard

>カリフォルニアの赤ワインについてはこちら

 

サブミッション シャルドネ

689セラーズが展開している「サブミッション」シリーズのシャルドネです。実は、筆者がカリフォルニアの白ワインにハマるきっかけとなったワインです。

シャルドネらしいフルーティーさに加えて、カリフォルニアワインの特徴である樽の香りを存分に感じられます。飲みごたえがありながらも重くはないので、季節問わず楽しめる白ワインです。

2,000円台とコスパも素晴らしいです!

AVAカリフォルニア

シャルドネ100%

 

コナンドラム・ホワイト

コナンドラム・ホワイトはソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、シャルドネなど複数の品種をブレンドした珍しいワインです。

味わいには爽やかさと同時に深みもあります。様々な料理に合うと思います。

スクリューキャップなのでコルク抜きがなくても開けられるので便利です。

AVAカルフォルニア

ソーヴィニヨン・ブラン, セミヨン, マスカット・カネリ, シャルドネ, ヴィオニエ

 

モントレー ラ・クレマ ピノ・グリ

近年人気の品種ピノ・グリのみで作られた白ワインです。

酸味は抑えめ、豊かな果実味が広がるので、フルーティーな白ワインが好みの方にはぴったりかもしれません。

魚介類はもちろん、豚肉や鶏肉などさっぱりした肉料理との相性も良いです。

AVAモントレー

ピノ・グリ100%

 

エモロー ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブラン100%の白ワインです。

柑橘系やハーブのような香りが特徴のソーヴィニヨン・ブランですが、こちらはメロンを思わせるような香りがします。

ミネラル感はありますが、酸味は少し控えめなので少し変わったソーヴィニヨン・ブランを飲んでみたい方には良いと思います。

AVAナパ・ヴァレー

ソーヴィニヨン・ブラン100%

 

ハイヴ&ハニー リースリング

カリフォルニアワインでリースリング100%は珍しいかと思います。

名前の通り、蜂蜜のような香りで少し甘めのリースリングになります。フルーティーでもあるので、暑い夏の夕方に飲むのが最高です!

ボトルのデザインも可愛らしいので、ちょっとした手土産にも良いです。

AVAモントレー

リースリング100%

 

オー・ボン・クリマ シャルドネ 椿ラベル

カルフォルニアのワイナリーの中でも人気の高い「オー・ボン・クリマ」と日本人の芸術家がコラボした椿ラベルのシャルドネです。

日本限定の銘柄で、酸味と果実味のバランスに優れ、樽の風味も感じられます。

香りも良く、バニラや柑橘系を連想させるアロマです。

AVAサンタ・バーバラ・カウンティ

シャルドネ100%

 

ブレッド&バター シャルドネ

名前が印象的な「ブレッド&バター」は、濃いシャルドネを堪能できる銘柄です。

ゴールド色が美しく、酸味は優しいので酸味の強いワインが苦手な方におすすめです。

注目の「ブレッド&バター」シリーズにはソーヴィニヨン・ブランのほか、ロゼと赤ワインのラインナップもあります。

あまり見かけない銘柄ですが、DEAN&DELUCAでも取り扱っています。

AVAカリフォルニア

シャルドネ100%

 

キスラー ソノマ・コースト レ・ノワゼッティエール シャルドネ

キスラーはカリフォルニアのシャルドネ王とも呼ばれる人気のワイナリーです。

価格は高いものの、高い評価を獲得しており、シャルドネの名産地ブルゴーニュと比較されることもしばしばあります。

誕生日や記念日など、特別な日に開けたいカリフォルニアワインの一つです!

AVAソノマ・コースト

シャルドネ100%

 

カリフォルニアの白ワインを一部紹介しましたが、まだまだあります。

冒頭でも述べた通り、品種も豊富な上に、産地によっても特徴が異なるので飲み比べをするのも一つの楽しみ方だと思います。

シャルドネに関しては、全体的にブルゴーニュよりもお手頃なので、デイリーとして飲むのにもいいかもしれません!

>アメリカのワインの産地の解説はこちら

>他の産地の白ワインについてはこちらよりご覧になれます