ワイン

シャンパンのプレゼント!喜ばれるおすすめ10銘柄

 

 

今回はプレゼントにぴったりなシャンパンの銘柄と選び方を説明します。

有名どころからちょっとマイナーなものまで満遍なく載せましたので、贈りたい相手が喜んでくれそうな一本をぜひ探してみて下さい!

※今回取り上げるシャンパンはすべて白の辛口になります

 

 
 

シャンパンを贈る場面と注意点

  • 誕生日
  • 記念日
  • 昇進など
  • クリスマス・お正月

シャンパンは誕生日や記念日の際に贈ることが多いかと思われます。中にはボトルに名前を入れてくれるサービスもあります。

冷やさないと飲めない冷え切っていないと開栓の時に吹き出す点に注意が必要です。持って行った先で飲む場合は冷えている物を購入しましょう。

シャンパンはワインのように道具(コルク抜き)が無くても開けられるので、その点は心配ありません。

 

シャンパンの選び方

  1. 価格・予算
  2. 贈る相手
  3. 贈る方法(手渡し、郵送など)

プレゼントやギフト向けのシャンパンを選ぶ際のポイントは大きく3つだと思います。

価格・予算は贈る相手との関係性で決まると思います。自宅での食事会に招待された際などは、手土産として1万円しないシャンパンを持って行ったりします。

贈る相手ですが、もしワインやシャンパン好きな相手であれば王道の銘柄よりも少し凝った銘柄を選ぶのも良いと思います。

女性へのプレゼントや、パーティーなど華やかな場に行く時は色鮮やかなロゼシャンパンや飲みやすい甘口のシャンパンも喜ばれます!

>ロゼシャンパンの価格帯別おすすめ銘柄はこちら

>甘口シャンパンについて詳しくみたい方はこちら

 

3番目の贈る方法ですが、ワインショップやオンラインから郵送する場合はそのショップでギフト用の箱が用意されていることが多いです。

手渡しで渡す場合は、同じようギフト用の箱を利用するか、ボックス入りのシャンパンを購入するのが賢明です。

シャンパンには箱(ボックス)付き・なしがあるので、購入前に必ず確認されることをおすすめします。(価格も異なります)

 

5,000~10,000円

5,000円〜10,000円のシャンパンはそのブランドのスタンダードな銘柄が多い価格帯です。

ノン・ビンテージ(N.V.)と表記されることもあります。

相手を選ばずにプレゼントすることができる銘柄だと思います。

モエ・エ・シャンドン アンペリアル

モエ・エ・シャンドン(MOET&CHANDON)は1743年にスタートしたシャンパーニュメゾンです。

シャンパンの産地であるシャンパーニュ地方において、最も広大な畑を所有しています。

スタンダードシャンパンであるアンペリアル(IMPÉRIAL)は、バランスの優れた芳醇な味わいで、どんな場面でも楽しむことができます。(辛口ではあります)

数あるシャンパンの中でも知名度・人気の高い銘柄の一つですので、シャンパンに詳しくない人でも知っていることが多いです。

迷ったらモエ・エ・シャンドン、もしくは下でご紹介するヴーヴ・クリコがいいと思います!

品種:シャルドネ, ピノ・ノワール, ピノ・ムニエ

 

ヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュット

ヴーヴ・クリコ(VEUVE CLICQUOT)のイエローラベル ブリュットになります。

こちらも定番のシャンパンではないでしょうか。黄色のラベルが印象に残ります。

最近では芸術家の草間彌生さんとコラボしたボトルデザインも発売されました。

ピノ・ノワールが主体となっていますが、味わいはドライでさっぱりしています。個人的にはモエ・エ・シャンドン・インペリアルよりもあっさりしていると思います。

品種:ピノ・ノワール, ピノ・ムニエ, シャルドネ

 

ローラン・ペリエ ラ・キュヴェ

ローラン・ペリエは1812年から現在まで家族経営を守り続けている伝統あるシャンパーニュメゾンです。

イギリス王室との結び付きも強く、これまで様々な行事において振る舞われています。

ローラン・ペリエ ラ・キュヴェ(LAURENT PERRIER LA CUVÉE)はスタンダードクラスのシャンパーニュになります。

グラスに注いだローラン・ペリエ ラ・キュヴェは、透き通った美しいゴールドの色合いで気品溢れる一杯です。

品種:シャルドネ50%, ピノ・ノワール30%, ピノ・ムニエ20%

 

ペリエ・ジュエ グラン・ブリュット

ペリエ・ジュエ(PERRIER JOUET)は200年以上続くシャンパーニュメゾンで、初めて辛口のシャンパンを造ったみたいです。(それまでは甘口が主流)

そのスタンダードキュヴェであるグラン・ブリュット(GRAND BRUT)は、フルーティーさとほど良い酸味のバランスが絶妙です!

フレッシュで上品なので料理にも合わせやすく、筆者も大好きな銘柄です。

ボトルとボックスのデザインも可愛いのがペリエ・ジュエの特徴の一つでもあります。

特にアネモネが描かれた『ベルエポック』はボトルを捨てるのが勿体ないくらい素敵です!(ベルエポックは後ほどご紹介します)

女性の方へのプレゼントにもぴったりだと思います。

品種:ピノ・ノワール40%, ピノ・ムニエ40%, シャルドネ20%

 

ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ

ルイ・ロデレール(LOUIS ROEDERER)は日本ではまだ知名度が高いとは言えませんが、1776年の創業から現在まで家族経営を守り続けているメゾンです。

丁寧なシャンパーニュ作りが評価されており、フランスの大統領官邸であるエリゼ宮でも振る舞われています。

ルイ・ロデレールのスタンダードキュヴェであるブリュット・プルミエ(BRUT PREMIER)は、繊細な泡立ちと桃やナッツのような香りが印象的です。

シャンパンをプレゼントしたいけれども、定番品は避けたい方、シャンパン好きの方にプレゼントするのに最適な銘柄です。

品種:ピノ・ノワール40%, シャルドネ40%, ピノ・ムニエ20%

 

アンリオ ブラン・ド・ブラン

アンリオ(HENRIOT)は多くの著名レストランでも採用されているシャンパーニュメゾンです。

こちらはブラン・ド・ブラン(Blanc de Blancs)になります。ブラン・ド・ブランとはシャルドネ100%で作られるシャンパンのことです。

シャルドネならではフローラルな香りと、果実感溢れる味わいが楽しめます!

こちらもワイン好き、シャンパン好きの方にも喜ばれるのではないでしょうか。

品種:シャルドネ100%

 

10,000円~

ここからは10,000円以上のシャンパンになります。

特別な人に贈る、大切な日を祝う時に開けるような銘柄になります。

この価格帯のシャンパンの多くはヴィンテージと呼ばれるもので、年式によって価格差があります。

ドン ペリニヨン

略してドンペリと呼ばれることもあるドン ペリニヨン(DOM PERIGNON)は、高級シャンパンの代名詞ではないでしょうか。

ドン ペリニヨンはシャンパンの製法の特徴で瓶内二次発酵を発見した修道士の名前です。

ドン ペリニヨンは高品質のぶどうが収穫できた年しかシャンパンを製造しません。よって、ヴィンテージのみの販売となっています。

フレッシュでありながらヴィンテージならではのスモーキさも楽しめる味わいです。

高級シャンパンの中でも特に知名度が高く、記念日を祝うのにぴったりな一本です!

品種:シャルドネ, ピノ・ノワール

年式:2008, 2009 etc.

 

ペリエ・ジュエ ベル・エポック

ペリエ・ジュエのフラグシップシャンパンであるベル・エポック(BELLE EPOQUE)です。

”良き時代”という意味のこのシャンパンは、それを象徴するような美しいアネモネの絵がボトルに描かれています。(箱もお洒落です)

フランスのガラス工芸家、エミール・ガレによるもので、まさに特別な日に花を添えるシャンパンです!

グラン・クリュで収穫されるぶどうのみで作られ、エレガントで味わい深い一本になります。

飲んだ後もボトルをインテリアにできるという楽しみ方もできるので、思い出に残る一本になると思います!

品種:ピノ・ノワール, ピノ・ムニエ, シャルドネ

年式:2011, 2012 etc.

 

クリュッグ グラン・キュヴェ

クリュッグ(KRUG)は1842年創業のシャンパーニュメゾンです。

グラン・キュヴェ(GRAND CUVEE)は複数年のぶどうを配合しているためヴィンテージではありませんが、高品質かつ高級なシャンパンとして知られています。

120種類以上のワインをブレンドした上で、6年以上熟成させているというから驚きです。

耽美な色調と泡立ち、濃厚かつ繊細な味わいは様々な場面で楽しむことができます!

航空会社のファーストクラスで提供される定番のシャンパンでもあります。

品種:ピノ・ノワール, ピノ・ムニエ, シャルドネ

 

ルイ・ロデレール クリスタル

最後にご紹介するのがルイ・ロデレールのクリスタル(CRISTAL)です。

シャンパンでは珍しい透明なボトル、そして凹みのないフラットな底が特徴です。

ロシアの皇帝アレクサンドル2世の要望で作られ、一説によると暗殺を防ぐためにこのようなボトルになったみたいです。

これまで数々の賞を受賞したシャンパンで、筆者もいつかは飲んでみたい一本です。

品種:ピノ・ノワール, シャルドネ

年式:2008, 2009, 2012 etc.

 

まとめ

今回ご紹介したシャンパンの銘柄の選び方を参考までに表にしてみました。

 お手頃贅沢
定番の銘柄モエ・エ・シャンドンドン ペリニヨン
ヴーヴ・クリコ
シャンパン好きの方にローラン・ペリエルイ・ロデレール クリスタル
ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエクリュッグ
アンリオ ブラン・ド・ブラン 
女性の方にペリエ・ジュエ グラン ブリュットペリエ・ジュエ ベルエポック 

 

筆者もシャンパンをプレゼントすることがよくありますが、相手に気を遣わせないよう1万円以下の銘柄を選ぶことが多いです。

ペリエ・ジュエ グランブリュッは、ボトルデザインも可愛くて好評なので、プレゼント用のシャンパンとしては今までで一番購入した銘柄になります。

個人的なプチ贅沢をする時は、3,000円台のシャンパンを飲んでいます!

>5,000円以内のおすすめシャンパンはこちら