ワイン

5,000円以内で買える!おすすめシャンパン7銘柄

   

 

記念日はもちろん、そうでない日でも楽しむことができる価格帯のシャンパンをまとめてみました。

シャンパンは高価のイメージがありますが、税別で5,000円以下で楽しめる銘柄もあります。

中にはロゼやブラン・ド・ブランもありますので、ぜひ読んで参考にして頂ければ幸いです!

シャンパンに関する他の記事はこちら↓

 

J.コンテ ペール&フィス ブリュット

J.コンテ ペール&フィス ブリュット(J CONTET PÈRE&FILS BRUT)はなんと3000円台で買えるシャンパンになります!

著名なメゾンがたくさんあるエペルネー(Épernay)から数キロの所に畑があり、家族で経営しているメゾンです。

味わいは軽め(ライトボディ)ですので、飲みやすい一本だと思います!

AOC:Champagne

品種:ピノ・ノワール 50%, ピノ・ムニエ 35%, シャルドネ15%

 

ショードロン カルト ブランシュ

ショードロン カルト ブランシュ(CHAUDRON CARTE BLANCHE)も家族経営のメゾンが作るシャンパンです。

ピノ・ムニエをメインに使用しているシャンパンは非常に珍しいです。

ハチミツやりんごのようなフレッシュな香りと、ピノ・ムニエならではの柔らかさとフルーティーな味わいが楽しめます!

エノテカのオンライン限定商品で、こちらも3,000円台です。

AOC:Champagne

品種:ピノ・ムニエ 75%, シャルドネ 15%, ピノ・ノワール 5%, その他 5%

 

クリスチャン・ブルモー キュヴェ エルマンス ブリュット

クリスチャン・ブルモー キュヴェ エルマンス ブリュット(CHRISTIAN BOURMAULT CUVE HERMANCE BRUT)はわずか6haの畑で栽培されるぶどうを使ったあまり市場に出回らないシャンパンです。

ミネラル豊富でありながらもクリーミーな味わいを実現しています。

こちらもオンライン限定のシャンパンになります。

AOC:Champagne

品種:ピノ・ノワール 67%, シャルドネ 23%, ピノ・ムニエ 10%

 

ノミネ ルナール ブリュット

ノミネ ルナール ブリュット(NOMINÉ RENARD BRUT)はお手頃な価格で手に入る"RM"のシャンパンです。

RMとはRécoltant Manipulantの頭文字を取ったもので、ぶどうを自社の畑で栽培し、そのぶどうだけを使ったシャンパンを作っているメゾンのことです。(シャンパンでは、他の畑からぶどうを仕入れることはしばしばあります)

自社栽培することで高い品質を保つことができます。

シャルドネの割合も多いため、フルティーでさっぱりした味わいです!

AOC:Champagne

品種:シャルドネ 40%, ピノ・ノワール 30%, ピノ・ムニエ 30%

 

ノミネ ルナール ブリュット ロゼ

上でご紹介したノミネ ルナール ブリュットのロゼになります。

価格差わずか300円でロゼが手に入るのは嬉しいポイントです!

ロゼならではの美しい色合いはプレゼントにもぴったりです。

ミディアムボディなので重すぎず、かと言って軽すぎない丁度良い飲み応えになっています。

AOC:Champagne

品種:シャルドネ 50%, ピノ・ムニエ 50%

 

ノミネ ルナール ブラン・ド・ブラン

ノミネ ルナールのなんとブラン・ド・ブランになります。

ブラン・ド・ブラン(Blanc de blancs)とはシャルドネ100%のシャンパンのことです。

普通のシャンパンと比べて値段が高くなるブラン・ド・ブランですが、ノミネ ルナールは5,000円で楽しむことができます。

シャルドネが好きな方はぜひお試し下さい!

AOC:Champagne

品種:シャルドネ 100%

 

モエ・エ・シャンドン ブリュット・アンペリアル

モエ・エ・シャンドン(MOËT ET CHANDON)は、世界で最も出荷されているシャンパンブランドです。一度は見たことあるのでしょうか。

ブリュット・アンペリアル(BRUT IMPÉRIAL)は、モエ・エ・シャンドンを代表するスタンダードな銘柄になります。

辛口で様々なシーンで楽しめる味わいです。

お店にもよりますが、ボックスなしであれば5,000円以内で購入することも可能です!

AOC:Champagne

品種:ピノ・ノワール、ムニエ、シャルドネ

>モエ・エ・シャンドンの種類の解説はこちら

 

選び方

以上、税別5,000円以下のシャンパンを6種類を取り上げましたが、筆者なりの選び方もまとめてみました!(あくまで個人的な見解です)

<手土産・パーティー向き>

  • モエ・エ・シャンドン ブリュット・アンペリアル
  • ノミネ ルナール ブリュット ロゼ

<食事とともに>

  • J.コンテ ペール&フィス ブリュット
  • クリスチャン・ブルモー キュヴェ エルマンス ブリュット
  • ノミネ ルナール ブリュット

<贅沢に楽しむ>

  • ノミネ ルナール ブラン・ド・ブラン
  • ショードロン カルト ブランシュ

 

上記以外のシャンパンでもお得に買うことができる場合があります。ワインショップが主にオンラインで販売しているシャンパンセットを利用する方法です。

筆者も先日、アンリオやローラン・ペリエが含まれているシャンパン3本セットを約1万円で購入しました。一本あたり3,300円と、本来の価格と比べるとだいぶお得感があります!

セットの場合、普段自分が選ばないであろう銘柄も含まれていて、飲んでみると意外と好みだったりすることがあります。新しいワインに出会うきっかけにもなります。

下の記事ではシャンパンの生産地であるシャンパーニュ地方についてまとめておりますので、良かったら読んでみて下さい。

>シャンパーニュ地方について詳しく知りたい方はこちら

>2,000円以下のおすすめスパークリングワインはこちら