ロワール地方のワインの産地と特徴について

この記事では、フランス中部のロワール地方について説明していきます。

ロワール地方はフランスの白ワインの産地として、ブルゴーニュ地方アルザス地方と共に知られています。

目次

ロワール地方の概要

ロワール地方はフランスの中央部に位置し、フランス最長の川であるロワール川の渓谷に広がるエリアです。

アンジェ(Angers)やトゥール(Tours)、オルレアン(Orléans)などの都市があります。

ロワール渓谷は、中世の古城がたくさん残っている人気の観光地で、世界遺産に登録されています。(下の画像のジャンポール城などが特に有名です!)

気候はロワール河口は海洋性気候、内陸部では大陸性気候となります。

ロワール地域全体のワイン生産量は年間約240万hLで、その約半分が白ワインです。

シュール・リ(Sur Lie)と呼ばれる独自の白ワインの製法が存在します。(澱引きをせず発酵を続け、上澄みを使います)

直訳すると「澱の上」という意味です。

ブドウの品種

ロワール地方で栽培されるブドウの品種です。

別名称も一緒に覚えました!

<黒ブドウ>
ピノ・ノワール(Pinot Noir)
ガメイ(Gamay)
カベルネ・フラン(Cabernet Franc)=ブルトン(Breton)
グロロー(Grolleau)

<白ブドウ>
ソーヴィニヨン・ブラン(Sauvignon Blanc)
シャルドネ(Chardonnay)
ミュスカデ(Muscadet)=ムロン・ド・ブルゴーニュ(Melon de Bourgogne)
シュナン・ブラン(Chenin Blanc)=ピノー・ド・ラ・ロワール(Pineau de la Loire)

5つの地域

ロワール地方は大きく5つの地域に分けられます。

それぞれの地域ごとで、気候や栽培されているぶどうの品種が違います。

マシフ・サントラルが最も内陸(東)、ペイ・ナンテが河口付近(西)に位置します。

  1. マシフ・サントラル(Massif Central)
  2. サントル・ニヴェルネ(Centre Nivernais)
  3. トゥーレーヌ(Touraine)
  4. アンジュ&ソミュール(Anjou & Saumur)
  5. ペイ・ナンテ(Pays Nantais)

マシフ・サントラル

マシフ・サントラルは日本語で中央高地と呼ぶこともあります。

ロワール川の上流に位置し、気候は大陸性気候で夏は暑く、冬は寒い地区です。

黒ブドウ:ピノ・ノワール、ガメイ
白ブドウ:シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、サシー

マシフ・セントラルのA.O.C.

massif central
コート・デュ・フォレ(Côte du Forez)   ロゼ (ガメイのみ)
コート・ロアネーズ(Côte Roannaise)   ロゼ (ガメイのみ)
サン・プルサン(Saint Pourçain)  ロゼ 
コート・ドーヴェルニュ(Côte d'Auvergne)  ロゼ ※1

※1:白はシャルドネ100%

赤・ロゼワインはガメイがメイン

また、この後もA.O.C.の名称として度々出てくるコート(côte)は丘コトー(coteaux)は高地という意味です。

サントル・二ヴェルネ

サントル・二ヴェルネもロワール川上流にある地区です。

大陸性気候ですが、一部(西側)は海洋性気候になっています。

ソーヴィニヨン・ブランを使った白ワインが有名です。

黒ブドウ:ピノ・ノワール、ガメイ
白ブドウ:ソーヴィニヨン・ブラン=ブラン・フュメ、シャスラ

※ソーヴィニヨン・ブランの別名であるブラン・フュメ(Blanc Fumé)のフュメはフランス語で「薫製・スモーク」を意味します。

サントル・二ヴェルネのA.O.C.

centre-nivernais
プイイ・フュメ(Pouilly-Fumé)  白
サンセール(Sancerre)  ロゼ 
ムヌトゥー・サロン(Menetou-Salon)  ロゼ 
カンシー(Quincy)  白
ルイイ(Reuilly)  ロゼ
シャトーメイヤン(Châteaumeillant)   ロゼ(グリ)
コトー・デュ・ジェノワ(Coteaux du Giennois)  ロゼ

白ワインはソーヴィニヨン・ブラン100%が基本(カンシーは例外)で、赤ワインはピノ・ノワールがメインです。

シャトーメイヤンのみ白の生産なし。(赤・グリもガメイが主体)

カンシー以外の白ワインはソーヴィニヨン・ブラン100%で作られます。(カンシーもソーヴィニヨン・ブランが主体)

シャスラで作る白ワインのA.O.C.はプイイ・シュール・ロワール(Pouilly sur Loire)となります。

トゥーレーヌ

トゥーレーヌは、トゥール市(Tours)を囲むエリアになります。

海洋性気候と大陸性気候の両方の影響を受けるため、赤・白・ロゼ・スパークリングなど多様なワインを生産しています。

トゥーレーヌの土壌はパリ盆地に由来するトゥファと呼ばれる石灰岩になります。

黒ブドウ:カベルネ・フラン=ブルトン、ガメイ、カベルネ・ソーヴィニヨン、コット=マルベック
白ブドウ:シュナン・ブラン=ピノー・ド・ラ・ロワール、アルボワ、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ

トゥーレーヌのA.O.C.

touraine
トゥーレーヌ(Touraine)赤 白(泡)ロゼ(泡) 
ブルグイユ(Bourgueil)赤   ロゼ 
サン・ニコラ・ド・ブルグイユ(Saint Nicolas de Bourgueil)赤   ロゼ 
シノン(Chinon)赤 白 ロゼ 
オー・ポワトゥー(Haut-Poitou)赤 白 ロゼ 
ヴーヴレ(Vouvray)  白(甘・辛口、泡)
モンルイ・シュル・ロワール(Montlouis-sur-Loire)  白(甘・辛口、泡)
シュヴェルニー(Cheverny)赤 白 ロゼ 
クール・シュヴェルニー(Cour Cheverny)  
ヴァランセ(Valençay)赤 白 ロゼ 
オルレアン(Orléans)赤 白 ロゼ 
オルレアン・クレリー(Orléans-Cléry)
コトー・デュ・ロワール(Coteaux du Loir)赤 白 ロゼ 
ジャニエール(Jasnières)  
コトー・デュ・ヴァンドモワ(Coteaux du Vendômois)赤 白 ロゼ (グリ)

トゥーレーヌは広域のAOCで、後述の5つの村は村名を表記できます。

トゥーレーヌで村名が表記できる村は、アンボワーズ(Amboise)、アゼイ・ル・リドー(Azay-le-Rideau)、オワリー(Oisly)、シュノンソー(Chenonceaux)、メスラン(Mesland)です。

オルレアンなどの東部と南部のオー・ポワトゥーはソーヴィニヨン・ブランが主体の白ワインを生産(その他の地域はシュナン・ブランがメイン)

ブルグイユの付く2つとオルレアン・クレリー以外のすべてのA.O.C.で白ワインが生産可能です。

アンジュー&ソミュール

アンジュとソミュール地区はロワール川下流の地区になります。

アンジェ市(Angers)とソミュール市(Saumur)の周りに広がるエリアです。

気候は海洋性気候で、赤・白・ロゼ・貴腐ワインなど様々なワインを生産しています。

黒ブドウ:カベルネ・フラン、ガメイ、カベルネ・ソーヴィニヨン、コット=マルベック、グロロー
白ブドウ:シュナン・ブラン=ピノー・ド・ラ・ロワール、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ

アンジュ&ソミュールのA.O.C.

anjou saumur
アンジュー(Anjou)赤 白 ロゼ 
カベルネ・ダンジュー(Cabernet d'Anjou)    ロゼ(弱甘口)
ロゼ・ダンジュー(Rosé d'Anjou)    ロゼ(弱甘口)
アンジュー・ヴィラージュ(Anjou Village) 
アンジュー・ヴィラージュ・ブリサック(Anjou Village Brissac)
アンジュー・コトー・ド・ラ・ロワール(Anjou Coteaux de la Loire)  白(甘口) 
コトー・ド・ローバンス(Coteaux de L'Aubance)  白(甘口)
サヴニエール(Savennières)  白(甘・辛口)
サヴニエール・ロッシュ・オー・モワンヌ(Savennières-Roche aux Moines)  白(甘・辛口)
クーレ・ド・セラン(Coulée de Serrant)  
コトー・デュ・レイモン(Coteaux du Layon)  白(甘口)
カール・ド・ショーム(Quarts de Chaume)  白(甘口)
ボンヌゾー(Bonnezeaux)  白(甘口)
ソミュール(Saumur)赤 白(泡)ロゼ(泡)
ソミュール・シャンピニー(Saumur-Champigny)
コトー・ド・ソミュール(Coteaux de Saumur)  白(甘口)

※白ワインではシュナン・ブランに限られているA.O.C.がピンクのマーカーになります。

赤ワインは基本的にカベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンで、白ワインはシュナン・ブランが主体です。

カベルネ・ダンジューとロゼ・ダンジューはほのかに甘口のロゼのA.O.C.になります。

アンジュー、カベルネ・ダンジュー、ロゼ・ダンジュー及びアンジュー・ヴィラージュは広域のA.O.C.になります。

なお、東部の土壌はトゥーレーヌと同じトゥファです。

ペイ・ナンテ

ペイ・ナンテはロワール川の河口付近で、ナント市(Nantes)の周辺の地区です。

ナント市は、パリからTGVで約2時間でアクセス可能です。

気候はもちろん海洋性気候で、冬もそこまで冷えません。

黒ブドウ:カベルネ・フラン、ガメイ、ピノ・ノワール、ネグレット
白ブドウ:ミュスカデ=ムロン・ド・ブルゴーニュ、シュナン・ブラン、フォール・ブランシュ

ペイ・ナンテのA.O.C.

pays nantais
ミュスカデ(Muscadet)  白 
ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ(Muscadet Sèvre et Maine)  白 
ミュスカデ・コトー・ド・ラ・ロワール(Muscadet Coteaux de la Loire)  白 
ミュスカデ・コート・ド・グラン・リュー(Muscadet Côte de Grand Lieu)  白 
グロ・プラン・デュ・ペイ・ナンテ(Gros Plant du Pays Nantais)  白 
フィエフ・ヴァンデアン(Fiefs Vendéens)赤 白 ロゼ  
コトー・ダンスニ(Coteaux d'Ancenis)赤 白 ロゼ 

ミュスカデ(=ムロン・ド・ブルゴーニュ)をメインに使用した白ワインのA.O.C.が多く、『ミュスカデ』と付く4つのA.O.C.は『シュール・リー』の表記をすることが認められています。

ミュスカデとグロ・プラン・デュ・ペイ・ナンテは広域のA.O.C.になります。

フィエフ・ヴァンデアンには5つのサブA.O.C.があります。ヴィックス(Vix)、シャントネイ(Chantonnay)、ピソット(Pissotte)、ブレム(Brems)、マルイユ(Mareuil)になります。

学習のポイント

  1. ロワール川右岸に位置する代表的な4つのAOCは?
  2. AOC Savennièresの生産可能色と品種は?
  3. AOC Rosé d'Anjouで使用される品種は?
  4. AOC Chinonの生産可能色と品種は?
  5. AOC Vouvrayの生産可能色と品種は?
  6. ロモランタン100%の白ワインを生産するAOCは?
  7. AOC Bourgueilの生産可能色と品種は?
  8. AOC Touraineの白ワインに用いられる品種は?
  9. シャスラ100%の白ワインを生産するAOCは?
  10. AOC Sancerreの生産可能色と品種は?
  11. AOC Pouilly-Fuméの生産可能色と品種は?
  12. AOC Châteaumeillantで主に使用されている品種は?
  13. AOC Quincyの生産可能色と品種は?

解答

  1. Savennières, Bourgueil, Vouvray, Pouilly-Fumé
  2. 辛口〜甘口の白(シュナン・ブラン)
  3. グロロー
  4. 赤・ロゼ(カベルネ・フラン)、白(シュナン・ブラン)
  5. 辛口〜甘口の白(シュナン・ブラン)
  6. Cour-Cheverny
  7. 赤・ロゼ(カベルネ・フラン)
  8. ソーヴィニヨン・ブラン
  9. Pouilly-sur-Loire
  10. 赤・ロゼ(ピノ・ノワール)、白(ソーヴィニヨン・ブラン)
  11. 白(ソーヴィニヨン・ブラン)
  12. ガメイ
  13. 白(ソーヴィニヨン・ブラン)

ロワール地方のご紹介はここまでとなります。

次回はフランス南部のローヌ地方について説明します!

 
 
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる