ワイン

ロワールの白ワインの選び方とおすすめ銘柄!

 

フランス中部のロワール(Loire)はフランス最長の河川で、その渓谷には多数の城が残っており世界遺産にも登録されています。

そんなロワール地方は、フランスの白ワインの名産地の一つでもあります。

広い範囲でぶどうが栽培されているため、地区によって全然違うワインを楽しめます!

 

ロワールの白ワインの特徴

ロワールの白の特徴をご紹介します。

  1. ミュスカデ、もしくはソーヴィニヨン・ブランが主体
  2. シュール・リーという製法
  3. 比較的手の届きやすい価格帯

ロワールの白ワインはミュスカデもしくはソーヴィニヨン・ブランが主体となっています。(ミュスカデは別名ムロン・ド・ブルゴーニュと呼ばれています)

シュール・リー(Sur Lie)という製法で造られることが多く、通常行う澱引きをせず上澄みを使用しています。長時間澱に触れることで、味わいに深みをもたらします。

ロワールワインは2,000円前後からありますので、ブルゴーニュに比べるとだいぶ手の届きやすいワインです。

 

ロワールワインの選び方

ロワールワインは地区で選ぶのがいいと思います。

ロワールは広いため、地区ごとでワインの特徴や使われるぶどうの品種が違います。

例えば、ペイ・ナンテはミュスカデ、サントル・ニヴェルネはソーヴィニヨン・ブランを主体としています。

>ロワール地方について詳しく知りたい方はこちら

 

ロワールワインの銘柄

ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー VV

ミュスカデらしい味わいを堪能できるペイ・ナンテの銘柄です。

樹齢の高いヴィエイユ・ヴィーニュから収穫しているため、しっかりとした骨格になっています。(樹齢の高い木は若いのに比べて実をつけないため、一つのぶどうにより多くの栄養が行き渡ることになります)

また、有機栽培であることもポイントの一つです。

地区:ペイ・ナンテ

ミュスカデ100%

 

ソーヴィニヨン・ブラン・アティテュード

ソーヴィニヨン・ブランらしい爽やかさが楽しめる一本です。

値段もお手頃で、ロワール地方のソーヴィニヨン・ブランを試してみたい方にもおすすめです!

農薬等を使わない自然な環境でぶどうを栽培しているのもポイントです。

地区:サントル・ニヴェルネ

IGP:VAL DE LOIRE

ソーヴィニヨン・ブラン100%

 

ヴーヴレクロ・ド・ルージュモンアベイ・ド・マルムティエールセック

ロワールを原産とするシュナン・ブランを使用したトゥーレーヌの銘柄です。

蜂蜜のような香り、シュナン・ブランのしっかりとした酸味を感じられるワインになっています。

こちらもナチュラルワインです。

地区:トゥーレーヌ

シュナン・ブラン100%

 

ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・クリッソン

樹齢の高いミュスカデを使用したナチュラルワインです。

シュール・リー製法で約2年の間、澱と共に熟成させているため、複雑な味わいに仕上がっています。

地区:ペイ・ナンテ

AOC:MUSCADET SÈVRE ET MAINE

ミュスカデ100%

 

サンセール・ソヴァージュ

サントル・ニヴェルネを代表するA.O.C.の一つであるサンセールの銘柄です。

『ソヴァージュ(Sauvage)』は野生という意味で、ぶどう本来の味わいを楽しめます。

製法はシュール・リーで、栽培時に化学肥料等を用いないナチュラルワインになります。

地区:サントル・ニヴェルネ

AOC:SANCERRE

ソーヴィニヨン・ブラン100%

 

最後に

ロワール地方の白ワインは、ブルゴーニュやアルザスなど他の有名産地とはまた違ったテイストを楽しめます。

ここでご紹介した白ワインはすべて辛口になりますが、甘口のものもあります。

ナチュラルワインも多いので、今後人気が高まるのではと筆者は考えています。

>他の産地の白ワインについてはこちらよりご覧になれます