ワイン

【ワインの産地】ニュージーランドの解説!

 

 

ニュージーランドは南半球、太平洋に浮かぶ島国です。

19世紀ごろよりのブドウの栽培を始め、現在ではニューワールドワインの代表的な生産国の一つとなっています。

>ニュージーランドのワインの銘柄についてはこちら!

 
 

ニュージランドの概要

ニュージーランドは、オーストラリアの南東に位置します。2つの大きな島で構成され、首都はウェリントンです。

代表的な品種をメインに栽培していますが、中でもソーヴィニヨン・ブランが最も多く、全体の7割以上を占めています。。

また、ニュージーランドで生産されるワインのほとんどが、スクリューキャップのボトルになります。

南北に長い国であるが故に、亜熱帯、半大陸性など、地域によって気候が異なります

 

主なブドウの品種

ニュージーランドで栽培されている主要品種です。

どれもメジャーな品種で、ローカルなものはありません。白ブドウはソーヴィニヨン・ブラン、黒ブドウはピノ・ノワールが最も多いです。

<白ブドウの品種>

  • ソーヴィニヨン・ブラン
  • シャルドネ
  • ピノ・グリ
  • リースリング

<赤ブドウの品種>

  • ピノ・ノワール
  • メルロ
  • シラー
  • カベルネ・ソーヴィニヨン

 

原産地呼称制度

ニュージーランドの原産地呼称制度は、例外なく85%ルールになります。

産地、収穫年、ブドウ品種の3つの項目が対象です。

2017年7月より地理的表示が開始され、現在17つの生産地が登録されています。

 

主な産地

ニュージーランドの主な産地は18箇所あります。

ノース・カンタベリーは現在登録を申請している最中なので、GI登録されている生産地は17箇所です。

<北島>

  1. ノースランド(Northland)
  2. オークランド(Auckland)
  3. マタカナ(Matakana)
  4. クメウ(Kumeu)
  5. ワイヘケ・アイランド(Waiheke Island)
  6. ギズボーン(Gisborne)
  7. ホークス・ベイ(Hawke's Bay)
  8. セントラル・ホークス・ベイ(Central Hawke's Bay)
  9. ワイララパ(Wairarapa)
  10. グラッドストーン(Gradstone)
  11. マーティンボロー(Martinborough)

<南島>

  1. マールボロ(Marlborough)
  2. ネルソン(Nelson)
  3. カンタベリー(Canterbury)
  4. ノース・カンタベリー(North Canterbury)
  5. ワイパラ・ヴァレー(Waipara Valley)
  6. ワイタキ・ヴァレー・ノース・オタゴ(Waitaki Valley North otago)
  7. セントラル・オタゴ(Central Otago)
ニュージーランド

マールボロがニュージランドで最大の栽培面積を誇り、国内の産地の約7割に相当します。

そして、マールボロで栽培されるブドウの8割がソーヴィニヨン・ブランです。

ニュージーランド最南の産地はセントラル・アタゴです。一方、最北はノースランドになります。

 

学習のポイント

  1. ニュージーランドで最大栽培面積を誇る品種は?
  2. ニュージーランドで栽培面積が最も広い産地は?
  3. ニュージーランドのワインの表記に関するルールは何%以上か?
  4. ニュージーランドで最南の産地は?

 

解答

  1. ソーヴィニヨン・ブラン
  2. マールボロ
  3. 85%
  4. セントラル・オタゴ