ワイン

成城石井はワインも充実!おすすめの銘柄は?

 

成城石井はローソン傘下に展開するスーパーマーケットです。輸入製品と自社製品を多く取り扱っており、女性を中心に人気を集めています。

成城石井はワインも多く取り扱っており、デイリーでも飲みやすい2,000円前後のラインナップも豊富です!

すべてのワインを定温コンテナで輸入しており、ワインの劣化を防いでいるので品質においても安心できます。

>成城石井のおつまみはこちら

 

赤ワイン

フランス ボルドー TASTE

成城石井と生活雑誌の「家庭画報」が共同で開発したオリジナルの赤ワインになります。

日常で楽しむ上質なワインをコンセプトにしています。

ブレンドしている品種は明かされていませんが、漫画「神の雫」でも登場したCh.モン・ペラで醸造されているため、メルロが主体だと思われます

 

フランス コート・ド・ガスコーニュ 2018 アッサンブラージュ ルージュ リミテッド

成城石井のオリジナル銘柄です。メルロを主体に複数の品種をブレンドしています。

印象的なのはボトルデザインです。一般的なラベルではなく、黒板に書いたような仕様でインテリアとして置けるくらいスタイリッシュです。

軽すぎず、重くもない絶妙な味わいになっています。

 

イタリア トスカーナ ファットリア・ディ・マリアーノ エバ

イタリアを代表する品種サンジョベーゼメインの赤ワインです。

日本の女性ソムリエが集まるワイン品評会「サクラ・アワード」でシルバー賞を獲得している銘柄です。

肉料理やパスタとの相性が最高です!

 

スペイン リオハ カバジェロ テンプラニーリョ

スペインの中でも特に有名なワインの産地リオハの銘柄です。

テンプラリーニョを使ったオーガニックワインで、プラムやチェリーのような香りが特徴です。

果実味と酸味のバランスがよく、飲んで飽きの来ない赤ワインになります。

 

白ワイン

フランス アルザス ソレ

フランス、アルザスの白ワインシリーズ「ソレ」は品種違いで3種類あります。

リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ピノ・グリで、いずれもアルザス地方を代表するぶどうです。

一本あたり2,000円強なので、何人かで飲み比べをしてみるのもありかと思います。

※下の画像はリースリングです

 

フランス ブルゴーニュ ミッシェル・ジャック 2015 マコンヴィラージュ

マコンはブルゴーニュ地方の中では手の届きやすい価格のワインを生産する地域です。

ヴィエイユ・ヴィーニュ(V.V.)なので、樹齢の高い木から収穫したシャルドネを使用しています。

樹齢が若い方がいいイメージがありますが、ワインの場合は逆の傾向があります。若いとぶどうの実がたくさん生るため、一つの実に行き渡る栄養が少なくなってしまうからです。

濃い味付けの魚介料理との相性が良いと思います!

 

ブルガリア カットレヤ ソーヴィニヨンブラン シャルドネ

日本ではあまり見かけないブルガリアのワインです。

ソーヴィニヨン・ブランを主体に、シャルドネをブレンドしているのもまた珍しいです。

コスパも優れているので、さっぱり爽やかなお酒を飲みたい日に最高です!

 

イタリア トスカーナ ファンティ マンゾーニビアンコ

マンゾーニビアンコという品種が珍しいです。

リースリングとピノ・ビアンコの交配種で、生産量は多くないため見る機会は少ないと思います。

筆者もこのワインを成城石井で見て初めて知りました。

 

スパークリングワイン

フランス ローヌ ディー カロッド クレマン・ド・ディー

シャンパンと同じ製法で作るスパークリングワイン「クレマン」です。

ローヌ地方で生産されるクレマン・ド・ディーは軽めの口当たりで飲みやすいです!

こちらは辛口ですが、やや甘口のクレレット・ド・ディーもあります

 

スペイン インプルス カヴァ ロゼ オーガニック

自社の畑で収穫したぶどうを使用したロゼのカヴァです。

手摘み、かつオーガニックなのに価格はお手頃です。

夏に飲みたくなるスパークリングで、夕暮れ時に飲むロゼのカヴァは格別です!

 

フランス シャンパーニュ ジョセフ デプロワ ブラン ド ブラン

最後はシャンパンになります。

成城石井で取り扱っている「ジョゼフ デプロワ」はブラン・ド・ブランが4,000円弱で楽しめます。

ブラン・ド・ブランはシャルドネのみを使ったシャンパンで、一般的なシャンパンよりも高価になる傾向があります。

シャルドネならではのミネラル感と果実味が爽やかな味わいを実現しています。

さらには、同じ値段でピノ・ノワール100%のブラン・ド・ノワールもあります