カリフォルニアワインの特徴とは?おすすめの銘柄もご紹介!

カリフォルニアのワインは、1976年のパリ・テイスティングでフランスワインを超える高い評価を獲得して以来、瞬く間に世界で人気の赤ワインの産地となりました。

価格は決しては安くないですが、同価格であればボルドーやブルゴーニュのワインに並ぶ、もしくはそれ以上の仕上がりになっています。

また、カベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネを筆頭に、ソーヴィニヨン・ブラン、ジンファンデル、シラーなど多様な品種を楽しめるのも魅力の一つです!

>アメリカのワインの産地の解説はこちら

napa vineyard
目次

カリフォルニアの赤ワインの特徴

  • ボルドータイプ・ブルゴーニュタイプの両方が生産されている
  • 果実味を強く感じられる銘柄が多い
  • アルコール度数は高め
  • アメリカンオークの樽由来の甘いバニラのような香り
  • 価格はやや高めな傾向

カリフォルニアでは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロを主体として複数の品種をブレンドするボルドータイプと、ピノ・ノワールなどの単一品種から造るブルゴーニュタイプの赤ワインがあります。

ボルドータイプの銘柄では、フランス・ボルドーと同じようにセカンドやサードラベルが展開されていることもあります。

※セカンドラベル、サードラベルとは、ワイナリーを代表する銘柄よりも価格を抑えた銘柄のことです。(細かい条件が決まられていますが、今回は省略します)

カリフォルニアの赤ワインの選び方

カリフォルニアの赤ワインの選び方は価格と品種がポイントとなります。

今回、ご紹介する銘柄をまとめてみました!

<コスパ重視>

<プチ贅沢>

<贅沢>

<特別な日に>

コナンドラム レッド

カリフォルニアの白ワインの記事でも紹介したコナンドラムの赤になります。

プティ・シラー、ジンファンデル、カベルネ・ソーヴィニヨンの組み合わせが珍しいです。

少し甘さがありますが、しつこくないのが良いです。

ヘス・コレクション・シャーテイル・ランチ・カベルネ・ソーヴィニヨン

カリフォルニアのワイナリーの中でも知名度の高い「ヘス」です。ライオンのマークがシンボルです。

シャーテイル・ランチはお手頃なのですが、アメリカ本国はレストラン専用のシリーズだそうです。

スクリューキャップで開けやすいのもポイントです。

>ボルドーのおすすめ赤ワインと選び方の解説はこちら

エイリアス ピノ・ノワール

人気グルメ雑誌でも紹介されたエイリアス ピノ・ノワールです。

カリフォルニア地域で実績のある造り手8人が担当しているのですが、その人物たちは秘密のままです。

2,000円台で本格的なカリフォルニアのピノ・ノワールが味わえます!

ナパ・ハイランズ・カベルネ・ソーヴィニヨン

ナパ・ヴァレーでも名門ワイナリー(カルトとも呼ばれます)が集まるオークヴィルとヨントヴィルの畑で収穫したぶどうを使用しています。

価格は5,000円以下で、濃厚な果実味とタンニンが感じられる赤ワインです。

サブミッション・レッド・ブレンド

ジンファンデルがメインの赤ワインです。

ジンファンデルは糖分が多いぶどう品種のアルコール度数も高くなる傾向があります。こちらのサブミッション・レッド・ブレンドは14.5%です。

価格は2,000円台とかなり良心的です!

味の濃い肉料理との相性が良さそうです。

オテロ

ドミナスのサードワインである「オテロ」は筆者が初めて飲んだカリフォルニアの赤ワインになります。

当時はワインに全くと言っていいほど興味がありませんでしたが、オテロの美味しさに感動し、ワインについて勉強するきっかけとなった一本です!

オテロは飲みやすいながらも、しっかりとした味わいが感じられます。ボルドータイプのワインが苦手な方にも一度は飲んで欲しい銘柄です。

Y by yoshiki カベルネ・ソーヴィニヨン

信濃屋
¥6,050 (2022/04/24 18:01時点 | 楽天市場調べ)

ロックバンドX JAPANのyoshikiさんが手がけているナパのワインです。カリフォルニアワインの先駆者であるロバート・モンダヴィの家族と共に造っています。

カベルネ・ソーヴィニヨンのみで作られたこのワインは、甘味の酸味のバランスが良いです。決して重すぎず、上品な味わいを楽しめます。

評判の高い銘柄で、最近登場した新作にも注目です!

オー・ボン・クリマ ピノ・ノワール イザベル

ウメムラ Wine Cellar
¥5,775 (2022/04/24 18:01時点 | 楽天市場調べ)

こちらは人気のワイナリーである「オー・ボン・クリマ」のピノ・ノワールになります。

華やかなアロマ、エレガントな味わいにはブルゴーニュらしさが感じられます。

見た目のルビー色も美しく、カリフォルニアのピノ・ノワールの中では間違いなくトップクラスではないでしょうか。

アルテミス カベルネ・ソーヴィニヨン

アルテミスはスタッグス・リープ・ワイン・セラーズが展開する銘柄になります。

実は、1976年のパリ・テイスティングで赤ワイン1位に輝いたのがスタッグス・リープ(1973年のワイン)になります!

こちらのアルテミスはカベルネ・ソーヴィニヨンを主体に、メルロ、マルベックをブレンドしています。

濃厚で力強い味わいになっています。

ケイマス・ヴィンヤーズ カベルネ・ソーヴィニヨン

ケイマス・ヴィンヤーズ カベルネ・ソーヴィニヨンは、高い評価を獲得している銘柄です。

ベリー系の果実味が口の中に広がり、甘味も感じられる後味になっています。

1941年に現在のワイナリーを創設して以来、ずっと家族経営で高い品質を守っています。

ドミナス

最初にご紹介したオテロと同じドミナス・エステートのトップに君臨するのが「ドミナス」です。(ドミナスのセカンドラベルは「ナパヌック」になります)

ペトリュスでも生産の監督を務めたクリスチャン・ムエックス氏が創設したワイナリーです。

ボルドースタイルの特別なワインをお探しの方にはぴったりだと思います。

オーパス・ワン

ナパの高級ワインの代表格である「オーパス・ワン」です。

シャトー・ムートン・ロスチャイルドを保有するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドとロバート・モンダヴィ氏とのコラボで誕生したのがこの銘柄です。

なかなか手が出ない価格ですが、一度は飲んでみたい銘柄です。セカンドのオーヴァーチャーも人気です!

カルフォルニアの赤ワインは、濃厚な味わいのものが多い印象です。

少し贅沢をして、食事とともにいいワインを飲みたい気分の時にぴったりです。

>ワインが簡単に開けられるオススメのオープナー「ル・クルーゼ」とは?

カリフォルニアの白ワインの特徴

  • シャルドネが主要品種
  • アルコール度数は高め
  • アメリカンオークの樽由来の甘いバニラのような香り
  • 白桃など熟した果実のような香りと濃い色調

カリフォルニアの白ワインはシャルドネを使用したものが多いです。

ブルゴーニュのシャルドネに比べるとアルコール度数は高く、果実と樽の甘い香りが強い傾向にあります。味わいも濃厚です。

食事中だけでなく、単体でも十分に味わえる白ワインだと思います。

カルフォルニアの白ワインの選び方

<コスパ重視>

<プチ贅沢>

<特別な日に>

サブミッション シャルドネ

689セラーズが展開している「サブミッション」シリーズのシャルドネです。実は、筆者がカリフォルニアの白ワインにハマるきっかけとなったワインです。

シャルドネらしいフルーティーさに加えて、カリフォルニアワインの特徴である樽の香りを存分に感じられます。飲みごたえがありながらも重くはないので、季節問わず楽しめる白ワインです。

2,000円台とコスパも素晴らしいです!

>シャルドネの名産地ブルゴーニュの白ワインについてはこちら

コナンドラム・ホワイト

コナンドラム・ホワイトはソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、シャルドネなど複数の品種をブレンドした珍しいワインです。

味わいには爽やかさと同時に深みもあります。様々な料理に合うと思います。

スクリューキャップなのでコルク抜きがなくても開けられるので便利です。

モントレー ラ・クレマ ピノ・グリ

近年人気の品種ピノ・グリのみで作られた白ワインです。

酸味は抑えめ、豊かな果実味が広がるので、フルーティーな白ワインが好みの方にはぴったりかもしれません。

魚介類はもちろん、豚肉や鶏肉などさっぱりした肉料理との相性も良いです。

エモロー ソーヴィニヨン・ブラン

トスカニー イタリアワイン専門店
¥3,344 (2022/04/24 18:11時点 | 楽天市場調べ)

ソーヴィニヨン・ブラン100%の白ワインです。

柑橘系やハーブのような香りが特徴のソーヴィニヨン・ブランですが、こちらはメロンを思わせるような香りがします。

ミネラル感はありますが、酸味は少し控えめなので少し変わったソーヴィニヨン・ブランを飲んでみたい方には良いと思います。

ハイヴ&ハニー リースリング

カリフォルニアワインでリースリング100%は珍しいかと思います。

名前の通り、蜂蜜のような香りで少し甘めのリースリングになります。フルーティーでもあるので、暑い夏の夕方に飲むのが最高です!

ボトルのデザインも可愛らしいので、ちょっとした手土産にも良いです。

オー・ボン・クリマ シャルドネ 椿ラベル

カルフォルニアのワイナリーの中でも人気の高い「オー・ボン・クリマ」と日本人の芸術家がコラボした椿ラベルのシャルドネです。

日本限定の銘柄で、酸味と果実味のバランスに優れ、樽の風味も感じられます。

香りも良く、バニラや柑橘系を連想させるアロマです。

ブレッド&バター シャルドネ

名前が印象的な「ブレッド&バター」は、濃いシャルドネを堪能できる銘柄です。

ゴールド色が美しく、酸味は優しいので酸味の強いワインが苦手な方におすすめです。

注目の「ブレッド&バター」シリーズにはソーヴィニヨン・ブランのほか、ロゼと赤ワインのラインナップもあります。

あまり見かけない銘柄ですが、DEAN&DELUCAでも取り扱っています。

キスラー ソノマ・コースト レ・ノワゼッティエール シャルドネ

キスラーはカリフォルニアのシャルドネ王とも呼ばれる人気のワイナリーです。

価格は高いものの、高い評価を獲得しており、シャルドネの名産地ブルゴーニュと比較されることもしばしばあります。

誕生日や記念日など、特別な日に開けたいカリフォルニアワインの一つです!

カリフォルニアの白ワインを一部紹介しましたが、まだまだあります。

冒頭でも述べた通り、品種も豊富な上に、産地によっても特徴が異なるので飲み比べをするのも一つの楽しみ方だと思います。

シャルドネに関しては、全体的にブルゴーニュよりもお手頃なので、デイリーとして飲むのにもいいかもしれません!

>ネットでワインを買うならどのショップがいい?それぞれの特徴を比較!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

tori
フランス出身。ワインと旅行が大好きな20代。
昨年スクールに通ってワインエキスパートを取得し、現在はWSET Level3を勉強中。

仏検準1級
JSAワインエキスパート
目次
閉じる