2,000円で楽しめるおすすめスパークリングワイン12選

スパークリングワインは飲みやすく、食前からデザートまで何にでも合わせやすいワインの一つです。

スパークリングワインといえばシャンパンを想像する方も少ないと思いますが、今回は2,000円以下で購入できるコストパフォーマンスに優れた銘柄をご紹介します。

>5,000円以下のおすすめシャンパンはこちら!

目次

スパークリングワインの選び方

参考までにスパークリングワインの選び方をまとめました。

  • 製法の違い
  • 味わい(甘口・辛口)

スパークリングワインの製法には大きく3つの方法があります。シャンパーニュ方式(トラディショナル方式とも)、シャルマ方式炭酸ガスを注入する方法です。

シャンパーニュ方式は瓶内で二次発酵により炭酸ガスを発生させるのがポイントです。シャンパンはじめ、カヴァなどもこの製法になります。

シャルマ式は瓶ではなく、大きなタンクに入れて炭酸ガスを発生させます。

一概には言えませんが、価格は「シャンパーニュ方式>シャルマ式>炭酸ガス注入」の順である傾向があります

プロジェクト・クワトロ・カヴァ(ブリュット、ロゼ)シャンパーニュ方式
エスパス・オブ・リマリ(ブリュットドゥミ・セック、ロゼ)シャルマ方式
フレシネ コルドン・ネグロシャンパーニュ方式
セグラヴューダス ブルート レゼルバシャンパーニュ方式
レオパーズ・リープ・キュヴェ・ブリュットシャルマ方式
シロクマ・ブリュット マルヤマ・ズーシャンパーニュ方式
おたる ナイアガラ スパークリングシャルマ方式
ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステロヴェトロ・ドルチェシャルマ方式
嘉 スパークリング ロゼ・ブリュットシャルマ方式

辛口

プロジェクト・クワトロ・カヴァ

プロジェクト・クワトロ・カヴァ PROYECTO CU4TRO CAVAは、銀色のラッピングで、他のワインとは一線を画すスタイリッシュなボトルデザインが印象的です。

このワインはエノテカで売上ナンバー1のスパークリングワインになります!

4種類のぶどうで作られていることが名前の由来となっています。(クワトロはスペイン語で4の意味)

どんな食事にも合わせやすいスッキリとした味わいです。

産地:スペイン カタルーニャ州
品種:マカベオ40%, チャレッロ40%, パレリャーダ15%, シャルドネ5%

エスパス・オブ・リマリ スパークリング ブリュット

エスパス・オブ・リマリ スパークリング ブリュット ESPACE OF LIMALI SPARKLING BRUTはチリのリマリ・ヴァレーで生産されるスパークリングワインです。

シャルドネとピノ・ノーワルのみを使っており、甘さ・酸味・果実感のバランスが絶妙で筆者が一番飲んでいるスパークリングワインになります。

この価格とは思えない完成度の高さで、評判の良い一本です!

こちらは辛口(ブリュット)になりますが、甘口やロゼもありますのでこの後ご紹介します。

産地:チリ リマリ・ヴァレー
品種:シャルドネ87%, ピノ・ノワール13%

フレシネ コルドン・ネグロ

フレシネはスペインを代表するカヴァブランドです。

世界150ヶ国以上に輸出されており、2018年のIWSR社の調査でスパークリングワイン部門で販売数世界一となっております。

フレシネのレギュラー商品であるコルドン・ネグロは黒いボトルが特徴的です。

価格は1,000円前後とリーズナブルな上に、どんな場面でも楽しめるフレッシュかつ上品な口当たりが人気の理由です。

産地:スペイン カタルーニャ州
品種:パレリャーダ40%, マカベオ35%, チャレロ25%

セグラヴューダス ブルート レゼルバ

酒類の総合専門店 フェリシティー
¥1,191 (2021/12/02 16:29時点 | 楽天市場調べ)

セグラヴューダス ブルート レゼルバ SEGURA VIUDAS BRUT RESERVAは人気のカヴァになります。

15ヶ月以上瓶内で熟成させることで、香り高く、細やかな泡立ちを実現しています。セグラヴューダスはこれまで数々の賞を受賞してきましたのも納得です。

上品で飽きの来ない味わいが人気の理由だと思います。

産地:スペイン カタルーニャ州
品種:マカベオ、パレリャダ、チャレッロ

レオパーズ・リープ・キュヴェ・ブリュット

レオパーズ・リープ・キュヴェ・ブリュット LEOPARD’S LEAP CUVEE BRUTは今ワインの生産国として注目されている南アフリカ産のスパークリングワインです。

レオパーズ・リープとエノテカが共同で開発しています。

ドライでありながらシュナン・ブランのほのかな甘みもあり、柑橘系の香りと相まってフレッシュな味わいとなっています。

産地:南アフリカ フランシュック
品種:シャルドネ90%, シュナン・ブラン10%

シロクマ・ブリュット マルヤマ・ズー

シロクマ・ブリュット マルヤマ・ズー SHIROKUMA BRUT MARUYAMA ZOOは札幌市の円山動物園とコラボで誕生したカヴァです。

ボトルには可愛らしいシロクマの顔が描かれています。

自分で楽しむのもいいですが、贈り物にもぴったりです。

りんごのようなアロマと果実感溢れる味わいで、唐揚げなど揚げ物との相性が良いです。

産地:スペイン カタルーニャ州
品種:マカベオ40%, チャレッロ40%, パレリャーダ15%, シャルドネ5%

甘口

エスパス・オブ・リマリ スパークリング ドゥミ・セック

エスパス・オブ・リマリの甘口(ドゥミ・セック)です。

こちらのスパークリングワインは上品な甘さのため、そのまま飲むのもいいですし、食事と合わせることも可能です。

『エスパス・オブ・リマリ』はどのワインを取っても期待を裏切らないと思います。

産地:チリ リマリ・ヴァレー
品種:シャルドネ61%, ピノ・ノワール39%

>甘口のシャンパンは一体どんな種類があるのか?

おたる ナイアガラ スパークリング

北海道小樽産のナイアガラを使用したスパークリングワインです。

優しい甘さ、フルーティーな口当たりなのでスイスイ飲むことができます。

一本ずつ手作業で丁寧に作られているのもポイントです。

ワインイベントの投票で1位に輝いたこともあり、甘口のスパークリングワインをお探しの方にはおすすめしたい一本です!

産地:日本 北海道
品種:ナイアガラ100%

ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ・ドルチェ

ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステロヴェトロ・ドルチェ LAMBURSCO GRASPAROSSA DI CASTELVETRO DOLCEは赤ワインのスパークリング(甘口)です。

このランブルスコは甘口ではありますが、しつこい甘さではないので食事と一緒に楽しめます。

特にスパイスの効いた辛い料理との相性は抜群です!

赤のスパークリングは飲みやすいので、赤ワインが苦手な方もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

産地:イタリア エミリア・ロマーニャ
品種:ランブルスコ・グラスパロッサ100%

ロゼ

プロジェクト・クワトロ・カヴァ・ロゼ

こちらは上でご紹介したプロジェクト・クワトロ・カヴァのロゼになります。

メタリック調のピンク色のボトルが目立ちます。

鮮やかなピンク色が見た目にも美しく、いちごのような香りと柔らかな酸味が食事をより美味しくしてくれます。

産地:スペイン カタルーニャ州
品種:トレパ80%, ピノ・ノワール15%, ガルナッチャ5%, モナストレル2%

エスパス・オブ・リマリ スパークリング ロゼ

エスパス・オブ・リマリのスパークリング・ロゼになります。

酸味とフルーティーさが程よく、スッキリとした後味になっているため様々な料理に合わせやすいスパークリング・ロゼです。

ボトルのデザインもいいので、ちょっとした手土産にもぴったりです!

産地:チリ リマリ・ヴァレー
品種:シャルドネ85%, ピノ・ノワール15%

嘉スパークリング ロゼ・ブリュット

嘉(よし)スパークリング ロゼ・ブリュット YOSHI SPARKLING ROSE BRUTは、山形県の高畠ワイナリーが製造するロゼ・スパークリングです。

日本の固有種であるマスカット・ベリーAを使用しおり、それだけに和食との相性もぴったりです。

ベリー系の香り、爽やかな味わいが楽しめる日本のスパークリングワインおすすめの一本です!

産地:日本 山形県
品種:マスカット・ベリーA100%

>おすすめのロゼシャンパンはこちら

選び方

最後に、今回ご紹介したスパークリングワインの選び方を載せておきます。少しでも参考になれば幸いです。

食事に合わせやすい:

  • エスパス・オブ・リマリ スパークリング ブリュット
  • プロジェクト・クワトロ・カヴァ
  • フレシネ コルトン・ネグロ
  • 嘉 スパークリング ロゼ・ブリュット
  • セグラヴューダス ブルート レゼルバ
  • シロクマ・ブリュット マルヤマ・ズー

食事前に:

  • レオパーズ・リープ・キュヴェ・ブリュット
  • ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステロヴェトロ・ドルチェ
  • エスパス・オブ・リマリ スパークリング ロゼ
  • プロジェクト・クワトロ・カヴァ・ロゼ

食後のデザートといっしょに:

  • エスパス・オブ・リマリ スパークリング ドゥミ・セック
  • おたる ナイアガラ スパークリング

最後になりますが、フランスで最も消費されているスパークリングワインをご存知ですか?

シャンパンだと思った方も多いのではないでしょうか。実はクレマン・ダルザス(Crémant d’Alsace)になります!

シャンパンはやはり値段が張るため、日常的に飲める方は限られてきます。クレマン・ダルザスはフランスの東部、ドイツの国境沿いのアルザス地方で生産されるスパークリングワインです。

>アルザス地方について詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

tori
フランス出身。ワインと旅行が大好きな20代。
昨年スクールに通ってワインエキスパートを取得し、現在はWSET Level3を勉強中。

仏検準1級
JSAワインエキスパート
目次
閉じる