フランス語

フランス語の強調構文の基本的な作り方!

 

 

久しぶりにフランス語の記事ですが、今回は強調構文についてご説明します。

強調したい語によって、強調構文の作り方が変わってきます。

その違いを覚えておくことがポイントです!

 
 

強調構文とは

強調構文とは、主語や目的語などを前面に主張したい場合に使います。

まずは英語の例文を見てみましょう。

It is Paul who drove me to the airport.
私を車で空港まで送ってくれたのがポールです。

ここでは、空港まで送ってくれたのがポールであることを強調しています。

 

主語を強調する場合

まずは主語を強調する場合についてです。

このパターンが最も使われる形ではないでしょうか。

C'est/Ce sont 主語 qui ...

「c'est/ce sont」と「qui」で強調したい主語を挟みます。(主語が複数形の場合はce sontになります)

先ほどのポールの例文をフランス語にすると下記のようになります。

C'est Paul qui m'a envoyé jusqu'à l'aéroport en voiture.

Ce sont eux qui habitent à Nice.
ニースに住んでいるのは彼ら・彼女らです。

補足ですが、ce(c')を形式上の主語と呼ぶことがあります。

 

目的語を強調する場合

直接目的語

C'est/Ce sont 直接目的語 que ...

直接目的語を強調したい場合は、『c'est』と『que』で直接目的語を挟みます。(先ほどと同じように目的語が複数形の場合はce sont)

C'est ce film que je voulais regarder.
私が観たかったのはこの映画です。

間接目的語

C'est/Ce sont 前置詞 間接目的語 que ...

間接目的語の場合、前置詞と間接目的語を挟みます!

C'est pour Alice que j'ai acheté ce cadeau.
このプレゼントはアリスのために買いました。

 

最後に

以上、フランス語の強調構文の作り方になります。

3つのパターンが分かればそれほど難しいものではないと思います。

ぜひこの機会に覚えてみて下さい!