フランス語の疑問文(est-ce queなど)の作り方を解説!

フランス語の疑問文の作り方にはいくつかパターンがありますので、ご紹介します。

目次

肯定文と同じ

最もシンプルな作り方は、肯定文に『?』をつけるパターンです。

主に会話で使用され、文の最後にかけて発音を高くします。

Vous avez une réservation?
予約していますか。

Vous n'avez pas de ticket?
チケットを持っていませんか。

倒置

主語と動詞の順番を入れ替える作り方です。必ず動詞と主語の間に『-』が入ります。

先ほどの例文を倒置すると下記のようになります。

Avez-vous une réservation?

否定の場合

否定の疑問文の場合は、否定のne(n')も動詞や助動詞に合わせて先に来ます。

N'avez-vous pas de ticket?

tを入れる場合

動詞の最後の文字と、主語の頭文字がどちらも母音の場合、その間に『t』を入れます。

主語の頭文字が母音=il/elleもしくはils/ellesの時

A-t-il 20ans?
彼は20歳ですか。

助動詞がある場合

複合過去や大過去など、助動詞がある場合は『助動詞-主語 動詞』という語順になります。

As-tu regardé le match de football hier soir?
昨夜、サッカーの試合を観ましたか。

Faut-il fermer la porte?
ドアを閉めた方がいいですか。

固有名詞がある場合

名前などの固有名詞を倒置することはできません

固有名詞がある文の場合は、追加で主語の人称代名詞を用います。

Marie a-t-elle mangé mon dessert?
マリーは私のデザートを食べましたか。

est-ce queを使う

最後は『est-ce que』を文頭に使うパターンです。この時、倒置はしません。

語順は『Est-ce que+主語+動詞』です。

主語が母音から始まる時は『Est-ce qu'』になります。

Est-ce que vous avez du temps?
時間はありますか。

Est-ce qu'il fait chaud aujourd'hui?
今日は暑いですか。

まとめ

最後に疑問文を作る上で大事なポイントをまとめます。

  • 疑問文には3つの作り方がある
  • 倒置の場合、tが必要な時がある
  • 倒置で固有名詞を含む場合は、人称代名詞を用いる

この記事をフランス語学習に少しでも役立て頂ければ幸いです。

 
 
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる