Spreadsheet

【スプレッドシート】空白セルをまとめて置換・入力する方法

 

Googleスプレッドシートで、空白のセル入力する方法(例えば0を入れるなど)が検索してもあまり出てこなかったので書いてみました。

エクセルでは空白を検出して置換することができますが、スプレッドシートではまだそれが出来ないようです...

ゆえに、スプレッドシートではGoogle App Script(GAS)を使って、スクリプトを実行することになります。

>スプレッドシートで勤怠管理表を作る方法はこちら

 

 
 

完成形

上のメニューに追加機能として空欄を埋める機能を設定し、プログラムを実行する形にします。

今回は、みかんとぶどう(セルB3とB5)に"0"を入れてみます。

 

スクリプト

以下、今回のスクリプトになります。

onOpenを使ってでスプレッドシートを開いた時に「追加機能」が表示されるようにしています。

function onOpen(){ 
 var ui = SpreadsheetApp.getUi(); 
 var menu = ui.createMenu('追加機能'); menu.addItem('空欄を埋める', 'filltheblanks'); 
 menu.addToUi(); } 

function filltheblanks(){ 
 var sheet = SpreadsheetApp.getActive(); 
 
  for (var i=2; i<=6; i++){ 
   var cellB = sheet.getRange("B"+i) //今回はB列の6行目まで 
   var valueB = cellB.getValue(); 
   if (valueB==""){ 
    cellB.setValue("0"); //"0"以外でも何でもOK
   } 
   else{ 
   }
  } 
}

 

今回の空白を置換するスクリプトはここまでとなります。お読み頂きありがとうございました!

 

最後に、Google Apps Scriptについてもっと知りたい方に最適な書籍をご紹介します。

『Google Apps Script 目的別リファレンス 実践サンプルコート付き』は今年の8月に出たばかりの最新の本になります。

タイトル通り目的別で載っているので、すぐGoogle Apps Scriptを使って業務の効率化を図りたい方は必見です!

>Google Apps Scriptの本の詳細記事はこちら