フランス語

フランス語の受動態の作り方!

   

文は一般的に能動態と受動態の二つに分けることができます。

今回は、フランス語の文章のうち受動態の構成について言及していきます。

 

受動態とは

主語が述語の動作主である能動態(la voix active)に対して、受動態(la voix passive)は主語が述語の動作の対象になります。

まず日本語での例を紹介します。

能動態:あの男が私の自転車を盗みました。

受動態:私の自転車はあの男に盗まれました。

受動態の場合、述語(=盗まれる)の対象である『私の自転車』が主語になっていることが分かります。

 

構成

それでは、フランス語の受動態の文の構成を紹介します。上記で取り上げた文をフランス語にしたいと思います。

能動態:Cet homme a volé mon vélo.

受動態:Mon vélo a été volé par cet homme.

間にêtreの過去分詞が入っています。(元の文章が複合過去なので、過去分詞が二つあります)

受動態:être+動詞の過去分詞

もっともシンプルな現在形の文です。

Mon père achète ces livres.(能動態)
私の父がこれらの本を買います。

Ces livres sont achetés par mon père.(受動態)
これらの本は私の父に買われます。

 

前置詞

受動態にした時に使われる前置詞は二つです。用法の違いを覚えましょう。

  1. par
  2. de

par

parは『人・モノによって』という意味になります。最もよく使うのはparの方です。

Cette peinture a été dessiné par lui.
この絵は彼によって描かれました。

de

deはある状態が継続している時、あるいは無生物主語の時に使われます。

Il est respecté de tout les élèves.
彼は生徒全員から尊敬されています。

 

練習問題

次の文を受動態にして下さい。

① Paul a cassé la vase.

② Tout le monde adore Marie.

③ Le Corbusier a conçu ce bâtiment dans les années 1930.

 

解答

① Paul a cassé la vase.
→ La vase a été cassé par Paul.
花瓶はポールによって壊されました。

② Tout le monde adore Marie.
→ Marie est adorée de tout le monde
マリーはみんなから好かれています。

③ Le Corbusier a conçu ce bâtiment dans les années 1930.
→ Ce bâtiment a été conçu par Le Corbusier dans les années 1930.
この建物は1930年代にル・コルビュジェによって設計されました。